選び方について

女性の髪は何よりも重要なファッションのアイテムです。その髪が傷んでパサパサなんてことになったら悲しいことです。
髪の質は千人十色、堅い髪や柔らかい髪、くせのある髪やねこっ毛と市販のシャンプーでは合わないことも多々あります。そうならないように、シャンプーの正しい仕方を覚えてそのシャンプーが本当に自分に合っているのかを見極めてください。
まず、頭皮の血行が良くなり髪のからまりも取れるように、シャンプーの前にブラッシングをします。そして、少し熱めのシャワーで十分に洗い流します。
これで髪の汚れは70%とれてしまいます。そうするとシャンプーは少なくて済みますから、ヘアケアにもなります。
洗うときは絶対に爪は立てずにマッサージをするつもりで揉んでください。そして3分以上あらいながしたその状態が貴方の髪の現状となります。
合っていれば滑らかでうるおいのある髪を感じられます。

シャンプーの時に女性の多くの方が下を向いて洗ってしまいますが、これは逆毛になってキューティクルを傷めてしまう原因になっています。
必ず上を向いて、十分に泡が立つまで揉みながら頭皮のマッサージを兼ねて洗って下さい。
先にも書きましたが爪を立てて仕舞い勝ちですが、これもヘアケアの正反対の行為です。
きれいにしているつもりが、頭皮を傷つけ乾燥やフケのもとをつくってしまっているのです。
大切なのは清潔に保つヘアケアで、洗いすぎはよくありません。
ただでさえ洗浄力は高いのですから、ごしごし洗うことはないのです。
それよりも、洗う前によく流して髪を濡らし、流せてしまえる汚れを出来るだけ取っておくことが重要となります。